2020落ち鮎最終戦

季節は晩秋、水温は下がり、落ち鮎パターンはそろそろ終わり!?

 

 

とは思いつつ、しつこくシーバスを求めて河川へ入水するのでありました。

今年はまとまった雨がなく、シーバスの遡上が少ない感じではある。

季節の進行とともに水面で何かが跳ねるというのも無くなって、はっきりいってボウズ覚悟である。

夕マヅメからフィールドに入るものの、周りが見える時間は魚からの反応は無し。

シャローが中心なので、警戒心の強いシーバスは鳥を気にしているのだと思う。

完全に日が落ちてからが勝負、、、

目が悪くてどこまでルアーが飛んでいるのか全く見えないが感覚でストラクチャーを打ちまくる。

ストラクチャーからレンジを入れて流れに乗せてドリフト。

すると、水面爆発。ライズかなと思ったら、自分のルアーにヒットした魚でしたw

魚は引かないが、やたらと重いw

ブリブリのウエイトの乗ったシーバスゲット。

いいシーバス。これでランカー無いんです泣

太短いw

居残りがいないかもう一度、同じ所を流すと、

水面爆発、おんなじやんwww

引かない引かない。更に引かないが更に重い!!

絶対シーバス、ゆるドラグにして身切れを防ぎながら、ゲット

太い!!

パンパン、太短いのかと思って一応メジャーあてたら、ギリギリランカー。

私の目メジャーはあてにならないことがわかりましたww

今秋は、なかなかランカーサイズに出会えず、すでに諦めモードに入っていましたが、諦めずに来たかいがありました。

この2バイトのみ、このあとのランガンは全くアタリ無く終了しましたが、心地よい疲れとともに納竿いたしました。

重さは過去イチ(*^^*)

タックル

ワールドシャウラ2953R-3

セルテートLT5000D-CXH

スライストロング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です