月夜の落ち鮎シーバス

RGFスタッフのサカグチです。

目立った雨もなく、このままだと和歌山市内は落ち鮎パターンによる爆釣はなさそうです。

 

落ち鮎に絡んだシーバスを釣るために、鮎が流れる河川へ。

朝晩の気温が下がり、低くなった水温の川に立ち込んでの釣りは体力的にも厳しく、短時間のうちに勝負をつけたい。

下りながら釣りをしていると、

落ち鮎発見。初めて見つけましたw

いくら落ち鮎パターンとはいえ、見えている瀬などは攻めやすく、入れ替わり立ち替わりで少ないシーバスはスレが進行し、ルアーは食ってこない。

流れてきた木や崩れた壁など、水流に変化が起きやすい場所を丁寧に流していく。

ゴリアテ145Fをストラクチャーにギリギリキャストが決まる。

すると一発で食ってくるシーバス。

長さはないが、鮎を食ってるパンパンのシーバス。

その後は先に小さめのルアーで撃ってきたポイントをゴリアテ145Fで折り返し。

反転流の発生している箇所で再びヒット!

今度はデカイ魚を確信していたため、ストラクチャーから引き離したあとはドラグを緩めて適当に走らせながら、、、

ランカーには届きませんでしたが、十分に狙っていた太さの魚。

引きが強く、楽しんでファイトできました。

その後は、この魚を最後に全く反応を得ることができず、終了しました。

あと何日できるかわかりませんが、残り期間落ち鮎シーバスを楽しもうと思います。

タックル

ワールドシャウラ2953R-3

セルテートLT5000D-CXH

ゴリアテハイ145F

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です