遠投で明暗ストラクチャー打ち

RGFスタッフのサカグチです。

市内河川も秋の気配が漂うようになってきました。

 

 

 

今回はホームの河川から抜けて、アウェイの河川へ。

こちらの河川は干満による潮位差が激しく、狭い水路では流れが速くなったりします。

潮が速くなった瞬間にベイトであるイナッコが浮きだして、シーバスに追われる光景がよく見られる。

各ポイントでうまくタイミングを合わせることができないのか、アタリはあるものの魚はなかなか釣れない。

下げ始めた瞬間に明暗打ち。

ここは流れのまとまる場所に明暗があるためにシーバスは必ず付く。

警戒心を与えない為に遠くから遠投。ストラクチャーを越えてナイスキャストが決まった所で、巻き始めた瞬間にガツーンと。

遠投だからファイトが長くて楽しい。結構重みもある。

上がってきたのは70アップのシーバス。

X-80SW LBOを丸のみ

いい仕事してくれます。

このあとは時間切れとなり、強制終了。

ベイトも多く、大きくなってきていますので、これから数型共に期待できそうな印象でした。

タックル

レイジー76ML

ストラディック3000MXG

X-80SW LBO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です