梅雨入り前後の釣行

RGFスタッフのサカグチです。

梅雨入りしていきなり大雨続きです。

雨はシーバスの活性を上げてくれて、、、

 

とは言いつつも、梅雨入り前にもデイゲーム。

流れ込みポイントをランガンして、ジャークでチヌ。

違う流れ込みではテクトロでシーバスヒットも、すっぽぬけ。

そのまま弾いた竿が橋脚に衝突し、

いきなりスコーピオン傷まみれに(泣)

スレッド部に傷が入ってしまいました。

もうドブに持っていくのが嫌になりましたw

 

ってなことで梅雨入り後、仕事終わりに短時間ナイトゲーム。

強風と雨の中ですが、気にせずにw

上げ潮なので、下流は捨てて中流より上を狙いますが、水が多いし流れもトロく、ベイトが散ってしまい、シーバスも低活性。

半ば諦めムードで様子見ランガンしてると

ベイトの溜まっているポイントを発見。

あまりにもベイトが多すぎて、シーバスやナマズが乱舞。

結構大きめのイナッコが掛かってくるレベル。

速く巻いたり遅く巻いたりしてもシーバスはシビアで、アタックしては来るもののなかなか乗らない。

こんな時にはジャークベイトで静と動をしっかり出してやれば

一発で針掛り!

しかし、針が強くないジャークベイトの為、ファイトに時間をかけすぎ、小場所すぎて一気にスレが進行。

ボイルが無くなり、また眠くなったので、終了しました。

短時間で状況を見極めてより良い状況を探す釣りもなかなか良いですよ。

本格的梅雨シーバス、みなさんも楽しんでください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です