雨後の増水リバーシーバス

RGFスタッフのサカグチです。

雨後増水パターンを楽しんできました。

 

 

増水気味の河川。紀ノ川と違い、エントリーするには流れの中を歩いて行く必要があり、状況をしっかり把握する必要があります。

適当に落ち着いた頃を見計らい夕マヅメエントリー。

人気フィールドなので既に下流には先行者。

邪魔にならないよう上流のポイントに入る。

増水パターンはチャンス。エントリーは大変だが、上流からはベイトが流されてきて、シーバスの魚影は濃くなるし、濁りが入っているとルアーを見切られにくいという、シーバスフィッシングにはメリットが多いのです。

開始早々、ミノーのドリフトでヒット!

サイズはともかく、引きが強くて楽しい。

ヒレピンの真っ白シーバス

その後はエリアを少しずつ変えながら、U字ドリフトで広範囲を探っていく。

瀬落ち込みに入った瞬間ガツンと

パワフルな引きを見せてくれるナイスシーバス。

2匹釣った所で反応が止まる。上流にも下流にも人が居るため大幅な移動ができず、なんとか釣れないか粘り、、、

サイズダウン。

居着きっぽい魚でした。

暗くなり、流れを体に受けるのがきつくなってきたため、この日はこの魚を最後に納竿いたしました。

タックル

ワールドシャウラ2953R-3

セルテートLT5000D-CXH

サイレントアサシン等

「雨後の増水リバーシーバス」への2件のフィードバック

  1. 良い釣りされてますねー!
    あそこの河川かな?という感じはありますが
    もしそこなら、人気はあるものの魚影は
    そこまで濃くないので
    流石だなと思いました。
    これから梅雨なので自分もたまには
    川で釣りたいなと思ってますー

    1. いつもコメントありがとうございます。
      梅雨間近というのにまとまった雨が降らず、各河川は減水しまくりで結構ネタは尽きてますw
      あの河川、毎回変わる地形と、ピンポイントへのキャスト、ルアーの流し方など数は出なくても勉強になり、去年からたびたび足を運んでいますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です