18レイジー76MLを今更インプレ

RGFスタッフのサカグチです。

レイジー76ML、結構使ったので、今更インプレw

まずはスペックについて

全長:2.29m

自重:110g

ルアー重量:7~35g

PE:0.6~1.5号

価格:20,500円

こんな感じです。

この竿は下位モデルのシーバスハンターXと比べて、ブランクがグレードアップ、ガイドリングがグレードダウンしています。

シーバスハンターXやラテオにはこんな短い番手はありませんが、ブランクは結構しっかりしてるなって印象を受けます。噂では旧ラテオのブランクと言われています。

またアルコナイトガイドリング(トップのみSIC)は負荷が掛かる部分ではなく、PEの劣化が早い等のデメリットは特に感じません。

シーバスハンターXには無い保証書付き。狭い場所に持ち込み、ランガンしてるうちに破損したことある人なら保証のありがたみは良くわかるはずです。

こういった意味からもレイジー76MLはハードに使い込む人にとってはいい選択肢かと思います。

主には小河川や小場所で使ったり、ボートシーバスなどで正確なキャスティングが必要というシーンで使うと良いと思います。

堤防の適合はギリギリですかね。あんまり快適ではないです。遠投は、、、ダメです。長いモデルを選択されたほうがよいです。

ラテオを使ったことがある人ならわかりますが、レイジーという竿もとても粘る竿です。ハイエンドモデルではないので、魚を寄せる力は劣るものの、よく曲がる竿なので魚を釣っても楽しいです。

投げるルアーは、10センチミノー位までが快適です。上限に近ければダルさが出てきますが、オススメはしないものの私は、ジョイクロ178でもキャスティングしてます。

ちなみに魚はシーバス90センチまで釣りましたが、正直MLだとガチドラグでのパワーファイトはできず、ストラクチャー回りでは運の要素も必要になってくるかと思います。ランカー狙いの人はMやMHをセレクトしたほうが快適です。

組み合わせるリールはダイワLT3000クラス、シマノ3000クラスが標準になってきます。第一ガイドが小さくて4000だとアンバランスに感じます。

今となってはさまざまなハイエンドモデルを触る機会があり、はっきり言えばお金を出せばそれぞれの分野でもっと快適な竿はたくさんあります。

しかし、この価格帯で小場所スペシャル竿、十分戦闘力はあります。ダイワさんありがとう。

レイジー76MLを卒業する人はモアザンが待ってますw

以上、個人的感想でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です