サーフでヒラスズキゲーム

RGFスタッフのサカグチです。

寒さが本格化しつつあるこの時期、寒さが嫌いな私が気持ちを震い立たせて、深夜出発!

 

 

 

やって来たのは某サーフ。

潮回りはまずまずだが、私の読みでは朝マズメは微妙。

完全ナイトゲームでヒラスズキを狙った。

しかし、この日は幸先が悪かった。

パッケージから開けたばかりのサイレントアサシンが第1投目で根掛かり。

今まで引っ掛かったことはなかったのに、、、ショックを隠しきれず、ため息ばかり。

引っ掛かった辺りは根掛かりが怖いので諦めて、本命エリアへ。

 

適当にルアーローテーションを繰り返すも、アタリなく苦戦。

流れの変化を探すためにサイレントアサシン160Fに変更し、遠投。

リトリーブ開始直後に根掛かりのような重みのあとに感じる魚信。

キタ!!

渾身のフッキングが決まった瞬間にフルパワーで走るヒラスズキ。デカイ!

糸もリールも若干弱めで来てしまったので、無理はできない、少し緩めて遊ばせよう。と思った瞬間、フックアウト。

(ナイトなので写真はないですが)3番フックは完全に伸ばされてました。

恐るべし、ヒラスズキの瞬発力。

その後は反応なく、不穏な空気の中、諦めずキャストを続けた。

自分の中で、予想していたヒットタイムは残り僅か。

 

ルアーのサイズをサイレントアサシン129Fに変更して様子を見る。

そして、再びやって来たバイト。

強い引き。間違いなくヒラスズキだ。沖で遊ばせようと若干緩めたらすごい勢いでこっちに走ってくる。リトリーブが間に合わないw

再びテンションがかかった時には既に足元でした。

パンパンのヒラスズキ。サイズは、、、前にヒットしたほうが大きかったかな。

でも贅沢は言いません。素直に嬉しい一尾です。

その後は朝マズメが近づくにつれ、全く気配が消え、一応明るくなるまで粘ったものの、フグが釣れて終了。

読みが完全に当たり、満足のいく釣行でした。

ベイトさえいればまだまだチャンスはあります。是非皆さんもチャレンジしてみてください!

タックル

エクスセンスジェノスS96M/R

ストラデイック3000MHG

PE1.2号

リーダー25lb

サイレントアサシン160F、129F等

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です