代表藤井氏、紀ノ川の堰上シーバスに出会う

いつもご覧いただきありがとうございます。

久しぶりに動画のご紹介です。

 

紀ノ川堰上シーバス

その姿を確認したのは一昨年、

紀ノ川の六十谷の大堰より上流、完全淡水の領域に生き残っているのか、それとも、、、

そんなことよりそこに魚が居て、そして釣れるという事実。

西本氏が過去に何度も記事にしてくれました。

そんななか季節は進み、秋の落ち鮎パターンは当然堰上でも進行し、本格化したタイミングで代表と西本氏が撮影に行ってきてくれました。

代表の力作、そして驚きの釣果。

是非一度ご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です