大雨のやみ間

RGFスタッフのサカグチです。

当日は翌日にかけて大雨の予報。

テレビドラマをみてくつろいでいたが、ふと雨が止んで、、、

 

 

下げのタイミングと重なり、いてもたってもいられずフィールドへ向かった。

大雨といえば流れ込み、一発で出たがスッポ抜け。

幸先悪いが最近調子のいい明暗打ちに切り替える。

待っていたのは

辺り一面に広がるイナッコ。そして響き渡るボイル。

ジョイクロ128を漂わすもちょっとアピールは弱い感じだが、178は持ってきてないので128で頑張るしかない。

しばらく明暗で打ち続けるとガンと硬質なバイト

めっちゃ引く、なかなか浮いてこない。いいサイズかな。

と思ったら

スレでした。

まぁ食い損ねて反転して刺さるので、一匹は一匹ですよー。

その後はボイルの正体がほとんどがナマズだということがわかり、少し幻滅する。

たまにはシーバスの姿も見えるも、やはりルアーを通すとスレが進行するのか、反応がなくなり、移動。

某流れ込みポイント。

ここ最近は全く反応なかったが、これだけ流れててどうか?

ここにも流れの外にイナッコの大群が居る。

一通り投げて反応なく、最後に壁打ちしてみたら

チーバス飛びだしてきました。

最近はこのサイズのシーバスも珍しいですが、さすがジョイクロ128は釣れるサイズを選びません!

このあと、小雨だった雨が急に大粒になってきて、強制終了。

深夜の短時間、楽しめました。

タックル

レイジー76ML

ストラディック3000MHG

ジョインテッドクロー128F

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です