台風後の堰上シーバス

ダムの放水も止まり

水位が下がってきたとは言っても

本流はそれなりの水量があって流れも強い。

 

 

こんな時は流れの緩やかな支流エリア。

台風による増水で地形がガラッと変わってしまったものの

川幅が狭まったのでポイントが絞りやすく

居たら一発で出るであろう小規模な流れ込みをピンポイントで狙って行く。

まずは先生からスタートしてもらうと

すぐに何かがルアーに反応。

期待はできるね〜なんて言ってたら

おめでとうございます(笑)

先生と言えばこれですよ。

完全にやる気を失った先生と場所を交代してすぐに

岸際のブレイクラインでシーバスらしき魚のボイルを確認。

リップレスミノーで流れのヨレとブレイクラインの上を流して行くと

ガンッ!と流れの中から飛び出たが

フッキングせずもう一度同じコースへ

ルアーを入れ直すとゴンッ!とヒット

流れに乗って下流まで一気に走る元気なシーバス。

そんな大きくないはずなんだけどと思ったら納得。

腹パンパンでコンディション抜群でした。

この後もポイントを変えてランガンするも

まだ水量が多くポイントを探すのに苦戦。

先生はナマズに取り憑かれたようで

そっちに苦戦してました(笑)

結局これと言った場所には水位の関係で入れず

最後は最初のポイントへ戻ってきて

足元のブレイクを中心に探っていると

ゴンッ!と流れの中で良いバイトが出た。

小ぶりながら14cmのルアーを丸呑み!

鮎を意識してやる気満々みたいです☆

 

タックル

シマノ ワールドシャウラ 1833RS-2

シマノ アンタレス DC MD

ナイロン 20Id

シマノ ゴリアテハイ 145F

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です