紀ノ川の落ち鮎パターンで遊ぶ

前日の台風で濁っていた河川も

濁りがほとんど取れてきたので

落ち鮎パターンのシーバスを狙って堰下へ。

 

 

今回は大阪のシーバスチーム

「SW COSMO」のメンバーの方との釣行。

早朝から堰下の一級ポイントへエントリー。

先行していた方々の話によるとぼちぼち釣れている見たいで状況は悪くない。

とりあえず濁りはささ濁りより気持ち薄めくらいでベイトは確認できる。

まずは朝イチということで落ち鮎を

意識しているデカイ個体がいないかと

アサシンの160Fで表層を流していくとゴツン!とすぐにバイトが出た。

マルとヒラのダブルヒット!

水温は思ったより冷たくはなくて

水面を流れる鮎は確認できないものの

沢山の水鳥が川岸に集まっているので

何かしらのベイトはそれなりにいる感じ。

しばらくしてまた群れが回ってくると

周りもパラパラと釣れ出して

自分にもゴツン!とヒット

夏時期のシーバスとは違って引きが強く元気が良い。

やっぱり秋はサイレントアサシン160F

日が完全に顔を出したところで

強い流れの中をゆっくりとドリフトさしていくとゴゴンッ!とヒット

小さいわりによく引くなと思ったら綺麗なヒラセイゴ。

さっきから当たってくるのに乗らないのはこれだろうか

立て続けに同行者もキャッチ!

食べたら美味しそうだけどリリース(笑)

刻々と変わる流れの変化を目で追いながら

ルアーのキャストするコースを変えていく。

ラインが先に流されないようにロッドを立ててゆっくりとリトリーブ。

流れのヨレにルアーが入ったと同時に

ゴツン!とヒット

まさに定番のヒットパターン(笑)

秋らしいコンディション抜群の良型をキャッチ!

立て続けに何度かヒットするもバラシてばかり。

水門からの放水も弱まりバイトが少なくなってきたので

ダラダラと雑談しながら終了としました(笑)

 

今回釣行された方のブログ→「南港fishing

 

タックル

シマノ ワールドシャウラ  1833RS-2

シマノ アンタレス DC MD

PE 4号&リーダー40Id

シマノ サイレントアサシン160F

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です