紀ノ川の堰上シーバスを追いかけた1年間

季節は10月下旬

秋も深まり本格的に落ち鮎パターンが

成立する季節となってきました。

 

 

紀ノ川で落ち鮎パターンと言えば

大雨後の紀ノ川大堰下流を思い浮かべる方が多いと思いますが

今回は堰の下流ではなく上流域。

堰の上流?シーバスなんかいるの?って

言われそうですね…

去年からブログを見てくださっている方はもうお分かりだと思いますが

「堰上シーバス」とはご存知でしょうか?

通常、紀ノ川でシーバスが釣れるとされているのは河口から6キロの地点にある

紀ノ川大堰まででこれは紀ノ川大堰を越えて上流域(堰の上)まで上がっているシーバスを追いかけたお話です。

【ある出会いをきっかけに】

この釣りに興味を持ったきっかけが昨年の10月中旬。

この日は朝早くからシーバスを狙いに行くつもりだったものの寝過ごしてしまい

起きた時間も時間だったので紀ノ川の上流へバス釣りに行くことに。

この時期はバスも落ち鮎パターンに入っており

そこそこ楽しい釣りができるのでそれを狙っての釣行でした。

いつもと変わらぬフィールドの雰囲気を楽しみながらシーバス用のビッグミノーで

上流から流されてくる鮎をイメージしながら流れの変化を探っていました。

確かポイントについて数投目だったと思います。

流れの中でゴンッ!と明確に伝わる強烈なバイト。

この時はもちろん良いサイズのバスがヒットしたんだろうと思っていたんですけど

水面を割ったのは見るからにバスではなくシルバー色の魚体「シーバス」だったんですよね。

なんか驚きながらもすごく冷静にファイトしてたと思います(笑)

これが自身初となる堰上シーバスとの出会いでした。

これをきっかけに堰上のシーバスに興味を持ちどんなタイミングや場所で釣れるのかなど色々調べたんですけど

これと言った情報はなくやっぱり釣れたのは偶然だったのか?

奇跡的に堰が出来る前の個体が生き残っていたのか?

なんて色々考えましたが結局詳しいことは分からないまま

その年にもう一度シーバスに出会う事はありませんでした。

【2度目の出会いが訪れたのは半年後】

それから半年ほどが経ち堰上のシーバスなんて忘れかけていたところで

またしてもバス釣りに行った際にシーバスが釣れてしまう事件が発生(笑)

これはこれでまた堰上でシーバスが釣れたことは嬉しかったんですけど

なによりチャターベイトでシーバスが釣れたことの方が嬉しかったような気がします(笑)

それでこのあたりから確実にシーバスは堰の上にもいるんだって思い始めて

ようやく堰上のシーバスを狙っての本格的な釣行がスタートしました。

ちょうどこの頃からメディアでも〇〇川堰上シーバスなどといった動画がアップされ始め

やっぱりそう言うのを見ると可能性は0ではないし実際釣れているのは確かなので

パターンさえ掴めれば堰上のシーバスゲームが成立するんじゃないかとワクワクしてました(笑)

【睡眠時間を削って毎晩堰上へ】

そして2匹目の堰上シーバスを釣ってから数週間後の夜に初めて堰上へ友人とシーバスを狙ってナイトゲームに行ったんですけど

これがまさかの連発劇でもうなんじゃこりゃってなりましたね(笑)

ここから睡眠時間をほとんど削り

毎晩通っては釣れたり釣れなかったりを繰り返し

ある程度の釣れるタイミングやパターンは把握できたものの

イマイチ自分の中ではまだこの釣りは未完成だなと少しモヤモヤがありました。

あるエリアでは潮回りで関係する月の光や水位の関係など

一定の条件が重ならないと釣れないことは分かっていたんですけど

それは今までそのエリアばかりで釣りをしていたからでそれ以外の場所はどうなんだ?って。

【堰上シーバスが幻ではなくなった日】

この時点で季節は9月

そろそろ落ち鮎を意識し始めるシーバスを狙いながら

釣りをするエリアを拡大してさらに広範囲を探って行きました。

ある日ウェーダーを履いてとある支流を歩いていると

ライトに驚いて足元へ逃げてくるシーバスを何匹も確認したんです。

ここ最近は全く釣れなかったし少し前の台風で魚が流されてしまってやっぱりダメなんかなと思っていたら

ふつうにシーバスいるやん!って。

これで僕の中で完全に紀ノ川の堰上シーバスは幻ではなくなりました(笑)

シーバスが次から次へと堰を超えて来ているのは言うまでもありませんが

堰の魚道を登っていくのか堰の下から入ってくるのかは未だ僕にも分かりません…

【いよいよ落ち鮎パターンを迎える】

そして季節は10月に入りいよいよ落ち鮎パターンが間近になってきました。

夜の冷え込みが秋の深まりを感じさせてくれます。

満点の星空の下ポイントを目指して河原を歩いていきます。

またこれが結構な距離で大変だけどいい運動になりますね(笑)

辺りは虫の音色と水が流れる音だけで

時々ボコッ!と何かがボイルする音が暗闇から聞こえてくる。

ほとんどがシャローエリアで場所によっては深みが所々にある感じで

少しでも流れに変化が出来ているところを探し

流されてきた流木の裏にできたヨレをなどを狙っていく。

アタリがなければどんどんポイントを移動していき

しばらく歩いた所で何やら良さげな瀬の落ち込みを発見。

夜でもわかるくらいはっきりと反転流が出来ていていかにも釣れそうな感じ

サイレントアサシンの160Fを対岸の反転流にキャストしてすぐにガツン!

このエリア初のバイトが出た。

ドババババ!!っと遠くで聞こえるデカイ奴のエラ洗い

川特有の強い流れに乗って中々浮いてこないシーバス。

手前のブレイクから引き剥がすのに少し強引に寄せに掛かった瞬間にフックアウトしてしまった。

重量感といい今の引きは間違いなくランカー近い魚だったのは確かで堰上での貴重なバイトを逃してしまった。

この後しばらく沈黙が続き、河川内をランガンしていると

流木が良いストラクチャーになっていて流れと水深もそこそこあるポイントを見つける。

モンスターウェイク156で上流から流されてきたベイトを演出しながら

ここぞと言ったピンポイントへルアーを流していくと

ゴンッ!!と一発でヒット。

流れがあるのでパワフルな引きを楽しみつつ

バラさないように慎重に足元へとずり上げる。

デカイ!!

グッドコンディションの落ち鮎食い

堰上シーバスをキャッチ!

もうここまでくると幻でもなんでもなくて堰のない河川の上流と同じでこんな釣りが成立するくらいの数もいる。

シャローからのブレイクや流れの変化を探るとバイトが連発。

こんなゴツくて体高のある個体まで!

表層系のルアーには水面を割って派手にバイト!

【1年間通って分かったことは堰上にシーバスは普通にいてタイミングを合わせるとちゃんとパターンも成立すると言うこと】

今思い返せば堰上シーバスに出会う前にバス釣りをしていた時なんですけど

夕マズメを撃ち切って帰ろうとしているとバスでもなくナマズでもない

どこかで聞いたことがあるライズの音が流れの中からずっと聞こえてたんですよね

その時はまさかシーバスがいるなんて思いもしなかったので気にしてなかったんですが

今になってああ、あの時のライズ音はシーバスだったんだなって。

バスをやっている人の話によるとシーバスはずっと昔からいて特に近年は多いと話しておられました。

その年によって登ってくる数は多かったり少なかったりするのかも知れませんが

紀ノ川大堰よりも上流でシーバスが釣れるのは確かなことであり

パターンが成立するだけの数もいるのは間違いありません

これまでほとんど情報はなく幻とされていた紀ノ川の堰上シーバス。

たまたまバスを釣りに行って釣れた一匹のシーバスに魅せられて通い続けた一年間。

何の反応も得られないまま時間だけが過ぎた数ヶ月。

やっぱり釣れたのはたまたまだったんだよ。

幻なんだよって諦めたこともあった。

でも微かな望みをかけて仲間と共に諦めずに通い続けたからこそ

手にできたこの感動と喜びをこれからも忘れずにしていきたい。

こうして僕の中で「堰上シーバス」という釣りはひとまず完結した。

でもこの釣りが終わった訳ではない

まだまだ謎も多く調べることも沢山ある。

これからもゆっくりと時間をかけて紀ノ川の堰上シーバスを追いかけたいと思う。

なにより紀ノ川大堰を越えて上流域で生きているシーバスの力強さに感動し

リバーシーバスの奥深さを体感できた1年となりました。

 

これまでの堰上シーバスの記事一覧

 

幻の紀ノ川純淡水鱸と出逢えた奇跡

http://rgflavor.link/2018/10/23/%E5%B9%BB%E3%81%AE%E7%B4%80%E3%83%8E%E5%B7%9D%E7%B4%94%E6%B7%A1%E6%B0%B4%E9%B1%B8%E3%81%A8%E5%87%BA%E9%80%A2%E3%81%88%E3%81%9F%E5%A5%87%E8%B7%A1/

紀ノ川の堰上シーバス

http://rgflavor.link/2019/07/09/%E7%B4%80%E3%83%8E%E5%B7%9D%E3%81%AE%E5%A0%B0%E4%B8%8A%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%90%E3%82%B9/

紀ノ川の堰上シーバスを求めて

http://rgflavor.link/2019/07/31/%E7%B4%80%E3%83%8E%E5%B7%9D%E3%81%AE%E5%A0%B0%E4%B8%8A%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%90%E3%82%B9%E3%82%92%E6%B1%82%E3%82%81%E3%81%A6/

紀ノ川の堰上ランカー現る

http://rgflavor.link/2019/08/05/%E7%B4%80%E3%83%8E%E5%B7%9D%E3%81%AE%E5%A0%B0%E4%B8%8A%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%BC%E7%8F%BE%E3%82%8B/

涼しい夜の堰上シーバスゲーム

http://rgflavor.link/2019/08/16/%E6%B6%BC%E3%81%97%E3%81%84%E5%A4%9C%E3%81%AE%E5%A0%B0%E4%B8%8A%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%90%E3%82%B9%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/

 

堰上シーバスPHOTO GALLERY

 

angler 西本 神威 

記事 西本 神威

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です