増水パターンの清流シーバスゲーム

RGFスタッフのサカグチです。

紀ノ川本流も良さそうでしたが、あえて中紀河川へ足を運んで増水パターンのウェーディングゲーム!

 

 

行ってみてびっくり、普段ならなんとも思わないルートが完全に水没している。

慎重にルートを選んで中洲へ到達。

暗いうちからキャストを続けるも全く反応がない。

ランガンを続けながら、瀬まわりや反転流を探り続けるもアタリなく、夜明けを迎える。

増水しているだけに潮位が上がると帰れなくなる危険性を考え、戻りながら丁寧に魚を探す。

完全に明るくなり諦めムードが漂うなか、濁りの中でウォブリングが強くアピールできるサイレントアサシン99SPをセレクト。

反転流から流れに乗せてドリフトさせてみたところ、コンっと何かを感じた。

二回目通しても何もあたらず、魚のアタックと確信。

その数投後、ガツーンと!

ウエイトのある魚と確信できる強いアタリ。

真っ白な回游型清流シーバスゲット!

久しぶりにテンション上がりました。

同じポイントで、更にガツーンと来ましたが、猛烈な突っ込みと同時に身切れ。

逃した魚はでかい。その言葉どおり80位あったのではないかと思います。

更にアップで流して、ガツーンともう一匹追加。

腹パン ヒレピン、まるまる太った70アップ。

濁りの中でシーバスはためらいもなく食ってきてるのか、明確なバイトが多く楽しめました。

更に追加を狙うも、アサシンロストで戦意喪失。

体力の残ってるうちに帰路についたのでありました。

朝から誰もいないフィールドで気持ちいい釣りができました。

タックル

エクスセンスS900MH/Rワイルドコンタクト

エクスセンスCI4+4000MXG

エクスセンスサイレントアサシン99SP

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です