マイクロベイト真っ盛り

RGFスタッフのサカグチです。

市内はマイクロベイト真っ盛り。

ランガンするときはマイクロを強く意識した小さめのルアー中心のセレクトで勝負。

 

この日は朝起きたら8時、、、、完全にマズメを逃す。

下げ潮はまだまだ効いているので、偵察がてらランガン。

とあるストラクチャーに目をやると、よい流れがあり、マイクロベイトわんさか。

最近のお気に入りアイマのK太58サスペンドをセレクト。

水色は濁りが入り、よい感じ。

ストラクチャー回りの明暗にピン打ちしていく。

レスポンスよく泳ぎ出したK太がブレイクにさしかかった瞬間にギラン✨とシーバスが飛び出した。

タモ入れしようと弱らせていても、なかなか弱らないのがこの河川のシーバス。

焦らずにさばいて

細くても長さはあり、ナイスファイターでした。

K太、頼りになりますね。

その後はランガンしましたが気配なく終了。

しかし、短時間で楽しめたので良しですね。

「マイクロベイト真っ盛り」への2件のフィードバック

  1. 最近バタバタしていたので、
    ブログ更新もサボっていたのですが
    GWに入り落ち着いたので動き始めました。
    RGFさんのブログの記事も遡って
    読ませて頂きますねー。
    さてこの。マイクロベイトなんですが
    この手の釣りがちょー下手で(汗)
    さっぱりなんです。
    なのにこの釣りをヒラに
    応用できないかなーとかやってると
    訳わからなくなって(笑)
    色々と釣りの幅を広げると
    色々とブレる事で釣果が下がったりする
    気がしますが、
    ここの皆さんは釣りますねー。。
    また参考にさせて頂きますねー。

    1. いつもコメントありがとうございます。

      ことマイクロベイトですが、稚鮎の場合は適当にでかいルアーで釣れそうですが、オープンエリアでハクやシラスは正直難しいですよねー。
      私は地元河川マイクロベイトパターンにおいてヒラ釣りに応用できそうな点はピン打ちだと思ってます。秋に向けてヒラ釣りの練習です。
      飛ばないルアーなので磯じゃ役立たずばかりですww
      Nobさんの記事、いつもチェックさせてもらってます。
      今後もよろしくお願いいたします。
                      サカグチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です