ブレイクラインで・・・

ぐんっと朝の冷え込みが身にしみる夜明け前。

この日は紀ノ川の一級ポイントへと足を運ぶ。

 

 

 

数週間前までは写真の通り大量のイナッコが溜まっており

シーバスの姿も確認出来たのだが果たしてまだベイトは残っているのだろうか?

しばらくして次第に辺りが明るくなり始めるが中々ベイトが浮いてこない。

これは抜けてしまったパターンの予感(笑)

水面には何の生命感もなくこれはマズイ

ボウズ覚悟でマズメの時間帯だけをなんとかやり過ごす事に。

そういえば干潮の時にここに着きそうだなと思っていたブレイクラインをふと思い出す。

レンジの入るミノーを選択しブレイクの上を横切るように引いて見る。

3投目くらいだろうか

ドンッとリールを巻く手が止まる。

すかさずアワセを入れると

ずっしりとした重みでグイグイ走る!

デカイシーバスか!?

姿が見えるまで慎重にファイトし

締め込んだドラグを少し出したところでようやく勘弁。

姿を現したのは良型のマゴチでした!

これまたデカイ!

サイズは64cm

紀ノ川の平均が50cmくらいだから

まあ良い方だと思う。

ルアーはダイワ スティーズミノー125SP

このミノーはバス用だけどかなり使い勝手がいいのでシーバスとかにもオススメ

そういえば過去に自己最高記録の68cmを釣った時もミノーだった。

意外と大型のマゴチはミノーとかの方が効くのだろうかね?

 

タックル

シマノ  ワールドシャウラ 1703R-2

シマノ アンタレス DC MD

ナイロン 20Id

ダイワ スティーズミノー 125SP

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です