爆睡の秋

せっかくの朝マズメ

釣りに出ようかと起きるもまあ良いかとそのまま寝てしまう日々。

あ〜最近寝てばかりだ(笑)

どうもRGFニシモトです。

 

 

さすがにそろそろ刺激のある釣果が欲しいところ。

この日は久しぶりに早起きして

最近釣れないとウワサのとある支流河川へと向かう。

潮はちょうど干潮際。

意外と干潮ってみんな帰ってしまう人が多いんだけど

なぜなのだろうか?

魚とアングラーとの距離

ルアーと魚との距離が縮まってより

釣れるのにもったいないですよ〜。

話は変わって

河川に到着後すぐにベイトが大量に溜まるエリアを発見。

夜明けまで後1時間。

ささっと用意を済ましキャスト開始。

干潮で川幅が狭まりポイントが絞りやすい。

しばらくして大量のベイトがざわつき始めた。

パンッ! バフッ!

静かな早朝の河川に響き渡るシーバスの捕食音。

普段はシャローに溜まるベイトが

干潮時にはブレイクへと落ちてしまうので

それを狙うシーバスのボイルでお祭り騒ぎ。

ベイトがなんとか溜まる少なからずの

シャローから落ち込みを狙っていく。

ルアーは ロンジン ウェイキーブー139  48g

たいして大きくもないがサイズには似合わない重さとアピール力が魅力的でイナッコパターンにはオススメ。

シャロー帯のブレイクに沿ってキャストし

引き波を立てながら引いてくると

ゴンッ!

いきなりヒット

サイズは60くらい。

幸先の良いスタートを切った。

そうこうしてる間にもそこら中からシーバスの捕食音が聞こえてくる。

よく見ているとシャローに体を乗り上げてまで突っ込む奴もいるほど高活性

これぞ晩秋の荒食い。

シーバスの動き次第でベイトの群れが左右されるのでこちら側と魚との距離が縮んだり近づいたり。

群れが少し離れたところで

遠投し遠目のブレイク沿いを狙う。

一投に一回はバイトしてくるが中々乗らず

リトリーブに変化をつけて

食わせの間をとってやると

ガンッ!と

ひったくりバイトでヒット

サイズはさっきと同じくらい。

締め込んだドラグをズルズルと引き出すくらい元気アリアリ。

次第に辺りがうっすらと明るくなり始めた。

上げの潮が効き始めシャローにも少しだけ

ベイトにとっての安全ラインが出来てきた。

ウェイキーブー をシャローに溜まるベイトの

群れに直撃させてベイトを散らす。

驚いたベイトはブレイクへと散らばりシーバスのスイッチが入ったと同時に

ルアーもブレイクへ。

ドンッ!

狙い通りの一発。

重いストロークにズッシリとしたエラ洗い

そこそこのサイズがヒット。

パワフルな引きを楽しみ

ずり上げる。

ランカー?    いってないよな?

残念ながらメジャーを持ってきていなかったので

まあ良いサイズということで(笑)

しかし良い食い方してる!

気づけば辺りは完全に明るくなり

ボイルも遥か遠くへ。

この辺りで終わろうかと思ったが

何かやり残しているな〜とルアーボックスをあさると

そうそう、ジョインテッド 178!

ストラクチャー周りに付いている

魚をやや早めの可変リトリーブで誘う。

ゴンッ!

これも狙い通りにヒットするがバラシ

その後も同じようなバラシが続いたので〜省略〜

そしてようやく  ゴンッ!

何度目のバイトだろうか

障害物まみれのストラクチャーから

強引に引き抜き無事にキャッチ!

カッコイイシーバスと

綺麗なジョインテッド。

満足!

短時間ながら十分楽しめたので

これにて終了しました☆

 

 

タックル

シマノ ワールドシャウラ 1754R-2

シマノ アンタレス DC MD

よつあみ G-ソウル アップグレードX8  2号 リーダー  ナイロン 35Id

ロンジン  ウェイキーブー 139F

ガンクラフト ジョインテッドクロー  178    15 SS

 

「爆睡の秋」への2件のフィードバック

  1. いい魚ですねー!
    今はメジロなどが出ているので
    ついつい海に行ってしまいますが
    こういう記事見ると
    河川に行きたくなります。。
    自分は上手くないので増水がないと
    結果に結びつき辛いですが
    一度行ってみようと思います。

    1. この時期は荒食いの季節でもあるので
      ウェイトのある魚が多いです。
      海はイワシが回っていて青物も良いみたいですね!
      この時期は増水がなくても河川は落ち鮎、イナッコが絡んでいるので比較的魚に出会える確率も高いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です