一つテンヤゲームを楽しむ

RGFスタッフのサカグチです。

今回は御坊の常富丸さんでお世話になり、

一つテンヤを楽しんできました。

 

 

一つテンヤと言えば、大原のマダイが有名ですが、

和歌山の黒潮エリアでやるとどんなものが来るかわからない、ハラハラドキドキのゲームが展開できます。

 

5時半のゆっくり出船

しかし、前日からほとんど寝る時間なく、すでにグロッキー状態!

集中力がギリギリ保てる朝の時合いにかけます。

 

テンヤのタックルを用意していざポイントへ。

 

テンヤですが、私の場合ハヤブサの貫撃遊動テンヤを使います。

御坊においては12~15号を中心に潮に応じて使い分けます。

海エビは冷凍でオッケーです。

遊動にすることにより、魚がテンヤの重さを警戒してのショートバイトが減りました。

 

 

港からすぐ近くでチャリコが沸いているとのことでスタートフィッシング

 

開始早々チャリコのラッシュ

お土産確保です。

 

小さなアタリをかけていく、船のライトゲームは本当に楽しいです。

 

小さなアタリ。おもいっきりフッキングとともにドスンととんでもない重み。

その直後、ギリギリまで締め込んだドラグからライン放出が止まらない。

PEは0.6号、無理はできない。できるだけガイドに擦らないように竿を真っ直ぐにして耐える。

2分位でなんとか止まるも一進一退。

みんなから『サメやw』と冷やかしを受けながらファイトw

5分程して浮き上がって来て、船長ネットインしたのは

 

 

 

ハマフエフキ[タマン]

うーん、カッコいいですなぁ。

自分で釣っておきながら自惚れw

ナイスファイターでした。

 

ドラマは朝に起こり、、、終わる!

 

余裕ぶちかましていたら、周りにどんどんアカハタを持っていかれ、、、

あまりの睡眠不足から寝たり起きたりを繰り返し。

 

合間を縫ってなんとか起きて再開。

 

メンドリ

コロ×2

エサ取りか、アタリがないかの時間が結構あり、苦戦して終了。

タマンが釣れて気持ち的には満足です。

睡眠不足で船に乗るのはやめましょうww

 

お世話になったのは

和歌山御坊南塩屋漁港

常富丸

http://minnaga.com/tunetomimaru/

和歌山で一つテンヤをさせていただける貴重な釣船です。船長自身が釣り好きなので、いろいろと教えてくれます。ライトジギング、タイラバ等一緒に楽しむことができます。

 

タックル

リーディングテンヤゲームM-240

08ツインパワー2500S

PE0.6号

リーダー2.5号

貫撃遊動テンヤ12~15号

 

最後に一つテンヤの竿について、『そんなのねーよ』って思ってる方。

お手持ちのソリッドティップのメバルロッドで代用ができますよー。リールはバス用で。

ファイトは少し大変ですが、一度やれば専用タックルが欲しくなるほど楽しい釣りです。

みなさんも是非チャレンジしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です