幻の紀ノ川純淡水鱸と出逢えた奇跡

早朝からシーバスを狙いに行く予定だった

ものの案の定 寝過ごしてしまった(笑)

外はすでに明るいが雲が多く雰囲気は良い。

 

 

しかしシーバスを狙うにはちょっとやる気の出ない時間だったので

急遽  紀ノ川のバス釣りへと行くことに。

かれこれ夏以来行ってなかったものの

そろそろ落ち鮎を意識した個体がいないかと

ビッグベイトタックル一本持ってポイントへと向かう。

少し見ない間にどこもかしこも草が覆い茂り

人が入った痕跡も見られない。

台風の影響であちらこちらの地形が変わり

以前とは打って変わって状況が違う。

流れの緩やかだった場所は激流と化し

かなり水深が深くなったような感じ。

少しでも流れの緩やかな所を探して

とりあえずビッグミノーからスタート。

上流から流されてくる鮎をイメージしながら

アップクロスにゆらゆらと流してくる。

流石にこの流れじゃバスもイマイチだろうなと思いつつ

朝一の肌寒い空気に触れながら気持ちのいい

朝のフィールドを楽しむ。

なんの稚魚だろうか?

足元を覗くと小魚が沢山群れている。

しばらくして

何投くらい投げただろう?

そんなに投げていないような気もするが

その時は突然訪れた。

二つの支流からの流れがぶつかり合う

インターセクションのヨレに

アップクロスに投げたルアー。

流れの抵抗を受けながら

下流へと流されてくる。

 

ゴンッ!!

 

力強いバイトがロッドに伝わったと

同時にフッキング。

この時は良いサイズのバスがヒットしたんだと思っていた。

しかし遠くで一瞬水面を割った魚体は

明らかにバスではなくシルバー色の魚だった。

次の瞬間 豪快なエラ洗いと共に体全体が

水面へと飛び上がる。

 

!?

 

明らかに今見たのは間違いなく…

そう

シーバスだ。

驚きつつも慎重にファイトを楽しむ。

エメラルドグリーンの水中でシルバーに光る魚体は素晴らしい。

冷たい水飛沫を撒き散らし

パワフルなファイトを見せてくれた。

そして無事にキャッチ。

美しい。

ランカーに迫る迫力ある魚体。

しばらくその堂々とした姿に感動させられる。

あらゆる角度から写真を撮り

まさかこんな所にと驚きながらも

もっと大きくなれよ!と

速やかにリリース。

ほんの数分の出来事だったが

これは今年一番の感動かもしれない。

昔は堰の上にもシーバスが居たという話は少しながら聞いていたが

それは今の堰が出来る前の話。

その後  堰が出来て以来

釣れたという情報はほとんどなく

幻程度に考えていた。

まさか自分に釣れるとは思ってもいなかった。

この魚はいつどうやってここまでたどり着いたのだろうか?

堰ができる前の個体がまだ生き残っていたのか?

それとも堰をなんらかの理由で超えて

登って行ったのだろうか?

それは僕たちには分からない。

もしこの魚が堰ができる前の魚であれば

数々の自然の猛威に耐え続け

ここまで生きてきたのかもしれない。

偶然とは言えこの魚と出逢えたのはある意味奇跡だと思う。

この魚はこの先一生狙っても釣れるか分からない。

確率でいうと100分の1の確率だったかもしれない。

自然は時に釣り人に震え上がるほどの喜びや感動を与えてくれる。

そして釣り人はいつどこでどんな感動を手にできるかは分からない。

その感動は日常では得られない特別な”感動”なのだ。

 

タックル

シマノ  ワールドシャウラ 1754R-2

シマノ  アンタレス DC MD

サンライン  キャストアウェイ 3号&リーダー40Id ナイロン

ダイワ  モアザン  モンスターウェイク 156F

 

「幻の紀ノ川純淡水鱸と出逢えた奇跡」への4件のフィードバック

  1. これは凄いですね!
    なかなか無いことですよね。
    増水時に上ったとしか思えませんが。。
    いずれにしてもレアケースですね!
    おめでとうございます!

    1. 情報がほとんどないので中々無い事だとは思います。
      増水時に上がったのか前々からいてる個体なのかは分かりませんが
      どちらにしてもそう簡単に狙って釣れるものではないのでレアですよね〜

      ありがとうございます♪

  2. 堰上は完全淡水ですか?
    シーバスって海水か汽水でしか生存できないものと思っていましたが、淡水でも大丈夫なんですね。

    ところで、紀ノ川シーバスって、通年ビッグベイト等の大型プラグメインなんでしょうか?落ち鮎シーズン限定?

    1. 堰上は完全淡水です。
      シーバスは海の魚ではありますが
      環境への適応能力が強い魚なので完全淡水域でも生きていくことは可能です。
      地方の川ではベイトを追って河口から何十キロも上流を目指して登ったりもする魚です。

      Q 紀ノ川は通年ビッグベイトなんでしょうか?

      もちろん一年中大型のルアーで釣ることは出来ます。しかしいくつかの条件が重ならないと釣りにくいと思います。これからの時期
      落ち鮎パターンを含め 和歌山では冬のイナッコパターンがあり、ちょうど荒食いの季節とも重なっているので比較的大型のルアーで狙って釣れるようになります。毎年和歌山でビッグベイトゲームが熱くなるのも冬がメインです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です