豪雨でも諦めずに

早朝の4時より

前回の記事でコンディションの良い鱸が

釣れたとあるポイントへ。

 

 

 

満潮からの下げを狙い回遊してくる大型の個体を狙い撃つ。

ベイトはチラホラと確認できて水色は悪くない。

信頼のおけるサイレントアサシン160で

沖から手前のブレイクをチェックする。

この辺りで晴れだった予報のはずが

突然の雨・・・

当然雨具も持ってきていなかったため

最悪の状況。

しかしせっかくのマズメに来たからにはと

濡れながらもキャストを続ける。

しばらくして雨は止み辺りが明るくなってきた。

この時点でまだ一度もバイトはなく

ベイトの不審な動きも見られない。

この日は雲が多くマズメの時間が長引いたことでもう少し粘ってみる。

しかしここに来てまた雨が・・・

終了の時間まで残りわずかだったので

諦めずに最後まで粘ることに。

辺りが完全に明るくなるとベイトの気配も

どこかへ消えてしまい

もうダメかと諦めかけていた瞬間

ドンッ!と強い衝撃。

手前のブレイクに差し掛かったルアーに

襲いかかる黒い影。

ずっしりとした重みが竿に伝わり

グイグイ曲げ込まれる竿。

来た!ランカーシーバスだ。

無駄に走られるとラインブレイクする恐れもあるため

ルアーが口の中にすっぽり入っていることを確認し強引にずり上げる。

デカイ!

写真では分かりにくいかも知れないが

このゴツさ半端じゃない。

まさに狙っていた一本。

本流の太い流れにいるランカーシーバス

すんっばらしいの一言。

アサシン160をガッツリ食っていました。

諦めずに最後まで投げ続けて良かった!

そしてデッカいルアーで仕留めた魚の

感動はとても素晴らしいもです。

気づけば雨は上がり

空にはダブルで虹が♪

釣りはこれにて終了。

朝から刺激のある釣行となりました。

ありがとう!ランカーシーバス

自然に感謝☆

 

 

 

タックル

シマノ   ワールドシャウラ 1754R-2

シマノ   アンタレス DC MD

よつあみ  G-ソウル アップグレートX8  2号&リーダー 35Id

シマノ  サイレントアサシン 160

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です