水温低下で食い渋り

季節は9月中旬

ぐっと気温も下がり朝晩は肌寒く

河川内の水温もだいぶ下がってきた感じです。

 

 

 

 

この日は雨明けの紀ノ川へ短時間勝負。

早朝から下げ始めを狙いフィールドへ。

雨の濁りはほとんどなくベイトが水面下にチラホラ確認できる。

落ち鮎を意識した気の早い個体がいないかと

サイレントアサシン 160を流れの変化を探しながらドリフトさせていく。

しばらくしてルアーに伝わる水流に変化が出たところで

ガッン!とヒットさせるも

ランディング寸前にルアーが外れてしまった。

その後 シーバスらしきアタリが何度かあったものの乗らず・・・

しばらくして下げの潮が効き始めると同時にボイルがチラホラ出始めた。

ボイルが度々起こる流心へキャストし

上流から弱ったベイトが流れてくるのをイメージしながらルアーを流れと流れの境へ送り込んでいく。

弱い流れから太い流れにルアーが入る寸前に

ガンッ!と強烈なバイトでヒット

良い体高のシーバス♪

流れの中にいる個体はしっぽも極太でした!

この日はこれにて終了

バイトも少なく食い渋っている感じでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です