イナッコに付いた魚を狙う

上げの潮が効く夕まずめの市内河川。

下流に溜まっていたベイトが上流へと

移動を始めた。

 

それに伴い橋脚周りではベイトを待ち構えていたシーバスがボイルを繰り返す。

まだベイトの群れが少ないタイミングで

シーバスがベイトを待ち構えるブレイク周りをサイレントアサシン 99SPでサーチ。

次から次にイナッコの群れが目の前を通過していく。

バイトが無ければ立つ位置をどんどん変えて

色々な角度からアプローチ。

ちょうどルアーがブレイクに入ったところで

ココンッ!とバイト

ベイトに付いている魚が全体的に小さいような感じでした。

これからどんどん良くなってくると思うので

サイズアップに期待です☆

 

タックル

シマノ  ワールドシャウラ 1703R-2

シマノ  アンタレス DC MD XG

シマノ  ピットブル 2号&リーダー40Id

シマノ  サイレントアサシン 99SP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です