2018、スタッフの夏の釣行

RGFスタッフのサカグチです。

この夏の悲惨な釣行日記

魚の姿を見たい方、どうぞ見ないでくださいww

 

 

 

暑いなかベイトを求めて流れ込み打ち

上から観察し、ベイトが嫌がる場所を確認して、ベイトが差し掛かる瞬間にアサシンを放りこむ。

一発で掛けるものの、ベイトタックルの為ドラグ緩すぎ、止められず。擦られて擦られて切れる~って瞬間にバレて、、、

 

別の日

ニシモト氏とサーフの青物調査。情報はあったもののルアーでは釣れない。

ニシモト氏いわく、弓角使っていた人がゲットしていたとのこと、、、

別のポイントへ移動し、ショアジグもエソエソエソ。

 

さてさて

別の日

南紀河川調査

ベイトは居るものの、、、

シーバス留守でした。

 

さてさてさて

別の日

水軒沖堤防

ボチボチタチウオないか?ってことで行くも、濁りと荒れ

シーバス狙いに切り替えてアサシンを投げる。

足元で赤い何かがルアーを引っ張るも乗らず、、、絶対でかいアコウでした。

テトラの穴にワームを落として

ボウズ逃れもここまで。暑さでやられました。

 

さてさてさてさて

別の日

市内のタチウオ、ええ加減釣れるやろってことで

釣れてる情報はあれども、アタリすら遠く、全体で姿は一本、、、

そら釣れやんわー!ってなって帰りました。

 

季節は夏から秋へ。

台風20号の接近は嬉しくはないですが、雨で色々な状況をリセットして欲しいところです。

めげずにがんばります。

 

 

「2018、スタッフの夏の釣行」への4件のフィードバック

  1. こんにちは。
    めちゃくちゃわかりますよ(笑)
    私も足掻けば足掻く程釣れない時
    ありますねー。
    そういう時は坊主恐れずとにかく行くしか
    ないですね。
    私もこれから坊主釣行増えると思います。。

    1. コメントどうもです。
      ボウズ多いですが、たまにくれるご褒美が大物なんで楽しんでやっております。ボウズ上等、Nobさんもめげずに頑張ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です