釣れないボイル

この日は、うちの代表が近所の河川へ

久しぶりにシーバスをしにくると言うことで

他のスタッフも連れて夕方から参戦。

 

 

 

夕まずめの良い雰囲気が漂う中スタート。

この日もそこら中にベイトの生命感があり

時たま パコンッ!とシーバスの捕食音が響いてくる。

夏のイナッコパターンはトップが定番なので

暗くなる前にベイトがざわつく岸際を

ima プガチョフコブラのヌメヌメドッグウォークで誘って見る。

開始早々に水面爆発!するもミスバイト…

この直後に横のスタッフが投げていたima コモモにチェイスするがこれも掛からず。

その後は全くバイトもなくただただイナッコがざわつくのみ。

辺りが完全に暗くなったところで

常夜灯周りにベイトがたまりだした。

水面を良く見ていると、ざわつくベイトの下にシーバスが居るのが確認できる

あとはタイミングの問題。

しばらくして岸際のシャロー帯にベイトの群れが溜まり出した。

何かに追い込まれているかのように

パニックになるベイト。

バシャ!パーンッ!シーバスが突入してきた。

水深は30〜40cmほどと激浅。

ベイトが溜まるシャローのブレイクにキャスト。

水面下ギリギリにレンジを入れながら

サーチすること2、3投、

ルアーにベイトが当たるコツコツを抜けた瞬間に

ゴゴンッ!とヒット

サイズは小さいもののベイトをたっぷり喰っている個体でした。

この後は続かず、しばらく皆んなで雑談してから撤収としました☆

 

 

 

たっくる

シマノ  ワールドシャウラ 1702R-2

シマノ  16アンタレス  DC HG

8本編みPE2号&リーダー30Id

ブルーブルー  スネコン90S

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です