マグナムでアカメ

RGFの石川です!

5月病とはよく言ったもので、最近は何かとやる気が起きない日々を過ごしていました。(やる気がないのは一年中?)

しかし釣りは別腹。

時は5月の終わり。

近所の退屈な釣りに嫌気がさし、非日常的な釣りを求め玉砕覚悟の遠征を行うことに。

遠征先は毎年恒例の高知に決定。

高知といえばそう!

アカメです!

5月末ともなると日中は暑いぐらいですが、朝晩は肌寒い。

この遠征はずっと雨が降ったり止んだりしていましたね。

それもそのはず。

この時高知は梅雨入りしていたのです。

5月といえばアカメのハイシーズンではありませんが、十分狙って釣れる季節。

今回はビッグベイトタックル一本勝負。

逃げのミノーもちょいちょい投げますけどねw

去年から始めたビッグベイトの釣りもアカメ相手に試すのは今回が初。

果たしてアカメはビッグベイトにどのような反応を示すのか?

高知に到着してからは竿を振らずに各所を観察。

河川でマイクロベイトにボイルするシーバスを確認し、湾へ下る。

湾内のシャローエリアはボラの密度がまだ薄い様子。

ボラを食べてるアカメが釣りたいのですが…。

河川に戻るか迷ったものの、移動時間が勿体無いので湾内のとあるテトラに乗って釣り開始!

遠征は時間との戦いでもあります。

周囲で鳴り響くシーバスのボイル。

このエリア一帯はハクが大量に居るらしく、シーバスはハクに夢中の様子。

しかし狙いはこいつらじゃない。

ささっとミノーを通してバイトがない事を確認し、別の方向へ視線を向ける。

常夜灯の周りにできる境界線の曖昧な明暗をじっくり観察すると、一箇所だけボラの群れの波紋がある事に気づく。

そしてこの波紋に覚える違和感。

ボラの不穏な動き。

この波紋の感じは以前にも見たことがある。

そこに居るのか?

様子見でミノーを数回通しても反応はない。

次の手は?

本命のジョイクロ178か?

あの波紋はイナッコというよりボラに近い。

…。

ベイトはデカそうだしジョイクロマグナム行っちゃう?w

覚悟を決めてマグナムをセット。

100g超えの重量によるド派手な着水音でバッシャ~ン!

ゆっくりとマグナムの大きなS字で引いていると…。

ゴン!!

ヒットした直後にアカメとわかる衝撃。

やはり居た!

グングン突っ込んで大暴れ。

シーバスとは比較にならないパワー。

ワールドシャウラ1755RS-2がブチ曲がり、ドラグを締め込んだアンタレスDC MDからラインが引きずり出される。

しかし短い距離で止められる事からパワー負けはしていない。

警戒すべきは足元のテトラ。

ここに擦る事は何としても避けたい。

何度か走られては寄せてを繰り返し、遂に水面で横になるアカメ。

最後はフィッシュグリップでキャッチ!

今年も顔を見ることが出来て何より。

テトラ帯から重たいアカメを抱えて脱出。

あまりの重さにバランスを崩しテトラ上で転倒。

手を負傷!

運ぶのにも一苦労。

90cmってところか。

メジャーの始点が思いっきりズレてますが、ぶっちゃけサイズはどうでもいい。

重くて何度も持ち上げるのはしんどい。

どの道このサイズが目標ではない。

ビッグベイトでは初のアカメ。

ジョイクロマグナムで初めて釣った魚がアカメ。

それだけで十分。

記念にセルフタイマーで。

重たい〜!

どりゃ〜!

アカメはゆっくり暗闇に帰って行きましたとさ。

釣りを楽しみ、美味い飯を食う!

遠征はこれだからやめられない。

また来るぜよ!

 

タックル
ワールドシャウラ1755RS-2
アンタレスDC MD
G-soul X8アップグレード4号+ナイロン70lb
ジョインテッドクローマグナム

「マグナムでアカメ」への2件のフィードバック

  1. 以前、堰でお声掛けさせてもらった者です。
    アカメおめでとうございます^_^

    1. ありがとうございます!
      祝福していただいて釣果の価値がグッと上がりました!
      またフィールドでお会いした時はよろしくお願いします^_^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です