増水で遊ぶ

RGFの石川です!

まとまった雨が降り、再び増水モードとなっていた大河川。

空き時間を見つけて何度かフィールドへ出入りしていました。

この日は仕事前に早朝だけ様子見。

夜明け前の真っ暗な激流へフルキャスト。

流れが強すぎてアッという間に下流へ流せれていくルアー。

これは水が多すぎるなあと思っているとヒット!

高速ゴリ巻きで寄せてズリ上げ!

ただでさえ引きの強いこのエリアの魚。

激流に乗った魚の引きは余計に重い。

60ぐらいでもいい引きしてます。

その後夜明けを迎えるも追加はなく、出勤時間となった為撤収。

 

翌日。

異常に早い時間に鳴り響く目覚まし時計。

重い身体にムチ打って再び早朝からフィールド入り。

濁りは相変わらず強い。

ヨレに向かって遠投してみると幸先良くヒット。

しかしこの朝も後が続かず早々に見切る。

今回は流れのヨレより障害物を攻めた方が効率が良いのか?

これはこれで重要なヒント。

 

同日夕方は再びフィールド入り。

稚鮎を意識して小型のミノーも持ち込む。

流れのヨレより手前の障害物を意識した釣り。

障害物周りはやはり重要。

 

濁りが適度に薄まった別の日。

流れのヨレを遠投で探ってヒット!

綺麗な魚だ〜。

しかし最近のパターンらしくヨレでの連発はない。

前回同様障害物周りを通す釣りに切り替える。

幸か不幸か岸際のゴロタは豊富なので障害物には困らない。

70後半の良型もヒット!

これぐらいの魚はゴロタで掛けるとちょっと怖い。

あまり強引にファイトをするとフックがもたない。

最近はフックが無いと思えばスプリットリングごともぎ取られていたりするケースが多発。

写真はギリギリ残っていたケース。

ドラグを締め込むならフックやリングの強化が必要かもしれません。

そんなこんなでドラグを緩めにしていると…。

来ちゃうんですよね〜

強いのが!w

ドラグを締めないと全然止まらない!

頭をよぎるのはフックの伸びとスプリットリングの破断。

申し訳程度にドラグをちょっとだけ締めるw

もう好きにしてw

掛かりどころが悪かったのもあるけど好き放題走られた…。

なんかゴツい!

アタマとかヒレとかデカイしちょっと体型がおかしかった。

 

ちょっと日が空いて再び雨。

今回は増水のタイミングでは出られなかったので濁りが完全に取れる寸前に出動。

粘りのロッドにリールは5000番!

ラインはPE2号と40lbリーダーで強引に止める気満々!

去年アカメを仕留めたタックルです。

フックが伸びた場合は諦めるということで。

しかしタックル重てえ!w

PE2号ともなると抜けが悪くて飛距離も落ちる。

遠投では反応なし。

こうなると気になるのが手前のシャロー。

葦際と平行にキャストして引いてくるとヒット!

ゴロタの山はラインを擦りながら乗り越えて、足元で突っ込もうとする魚を強引に止める。

ゴロタの山を越える際にリーダーはボロボロ…。

40lbで助かった。

その後放水が止まり流れも緩んだ為撤収。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です