アミパターン?

RGFの石川です!

春の岸壁には色々な生物が集まっているようで、夜になるといたるところで何かしらのボイルを目撃します。

今回はボイルの正体を突きとめるべく夜の岸壁へ向かいました。

まあ大体察しはついているのですが…。

岸壁に到着すると貨物船が照明を点けて停泊中。

照明周りでは例のボイル。

どうやらアミのような小さい生き物を食べている様子。

持ち込んだのはライトゲームタックル。

グリリンをセットした0.8gのジグヘッドを適当にキャストして水面直下を引いているとククッとアタリ。

久々の2lbラインはどれだけ引っ張って良いか分からずビビリながらのファイト。

ドラグでいなしてポ〜ンと抜き上げ。

やはりボイルの主はメバルでした。

繊細なアタリと引きが心地良い。

その後もポロポロと釣れる。


しばらく遊んでいると妙に走る魚がヒット!

めちゃくちゃ突っ込む!

これは楽しいw

2lbの極細ラインで慎重に浮かせるとバシャバシャエラ洗い。

お前か〜!

シーバスもアミを食べる為に寄ってきていたんでしょうね。

これ以外にもまだまだ釣れていましたが、流石に一箇所から何匹も抜いていると段々スレてペースダウン。

上のレンジではアタリが遠のいた為、しっかり沈めると小さいアタリ。

下にはアジが居るようでしたがメバルの後では物足りない。

ジグヘッドのフォール待ちも面倒だったので納竿としました。

 

 

タックル
ルナキアソニックLKS610ML
ステラC2000S
確かポリエステルライン?2lb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です