朝マズメにドーン!

どうも!RGFのニシモトです。

3月に入り暖かい日が多くなって来ましたね!

これから気温と水温が安定して色々な魚が釣れだす季節です。

 

 

今回は、そんな3月初旬に新スタッフとして加わったサカグチ氏と共に南紀方面へサーフの青物狙いへ行ってまいりました。

当日は、早朝5時過ぎからスタート。

風もなくべた凪の状態が続いていて、明るくなるにつれ

水面下のベイトの存在もチラホラと確認できる。

そしてサーフの波打ち際に打ち上げられたのは稚鮎。

だいたい7〜8センチくらいでした。

波打ち際を歩くといたるところに稚鮎が!

これは期待が高まる。

ヒラスズキが良く釣れることもあり、薄暗いうちはジョインテッドクローで付いていそうな場所を攻めていく。

が、反応はなく辺りが完全に明るくなったところで何かしらのボイルが一発バシャっと確認できた。

次の瞬間、突然逃げ回る稚鮎の群れ、青物のボイルが始まった。

瞬時にスピニングタックルに付けていたサイレントアサシン129Fをフルキャストするが、微妙に届かない。。。

ボイルうちと言えばやっぱりシンペン!って事で飛距離と釣果に文句なしのima  ヨイチ99を選択

カラーはイバラキキャンディー

ボイルがあった付近に思いっきりフルキャストして広範囲を探っていく。

着水後、少し沈めてそこから巻き上げ!

たまにロッドを煽ってアクションをつけてやる事でルアーが平打ちし、稚鮎が逃げ惑う感を演出。

するとゴゴンッ!!と良いバイト♪

朝日に照らさたワールドシャウラがぶち曲がる!

この瞬間がまたたまらなく良い。

そしてランディングしたのは70オーバーのメジロ♪

やっぱり青物はいつ見てもカッコイイね!

イイ引き見せてくれました。

ランディング時にこいつが吐き出したのは

イワシ?サバ?の子供でした。

今回は朝マズメのみの釣行だったのでこの辺で終了。

帰りに覗いた河川では、稚鮎の遡上が始まっていて辺り一面に沸いていました。

これから各河川でも稚鮎パターンが始まりますね〜

ようやく春らしい釣りが展開出来そうです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です