南紀でルアーフィッシング 

どうも! RGFスタッフのサカグチです。

暖かい日が続き

稚鮎の情報がチラホラ、友人と南紀へ調査に行ってきました。

 

 

 

ヒラスズキ、青物が釣りたい‼

そんな一心で南紀大型河川河口へ暗いうちからエントリー。

小型ルアー、大型ルアー、表層系ルアーとローテーションするもヒットなし。

友人もノーバイトとのことで

餌師が押し寄せる前に早々に見切る。

隣接するサーフに移動

ウネリが入り、濁っていい感じ。

青物情報があったので、ヘビーシンペンで広範囲にさぐる。

しかしバイトは無く不穏な空気が漂う。

ウネリがどんどん増してくる。

荒れてきて手前が引きにくいのでレンジをいれるために、ミノーに変更する。

遠投し、波に合わせて巻くスピードを調整。

ブレイクに差し掛かった瞬間、ガツンとバイト!

青物か!?そう思わせる強い引き!

サーフなのでユルユルドラグで安心ファイト。

上がってきてびっくり良型のヒラスズキ。

銀ピカの魚体には毎回感動させられますね。

友人もバイトさせるもバラシ。残念!

その後バイトも遠退き、潮変わりまで粘って青物の回遊を待つも、反応無く納竿としました。

サーフは濁って稚鮎は確認不能でしたが、アフターのヒラスズキはぼちぼちいけそうです。

皆さんも是非狙ってみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です