厳寒期

皆様お久しぶりです!
RGFの石川です!
マメにフィールドへ出かけている人達は楽しい釣りが出来ている1月、2月。
僕はというと年明けからは釣行のペースダウンに伴い釣果もダウン。
もちろん腕の問題もw

極寒の中出掛けてみると、釣るにはちょっとコツがいる様子。
12月頃のように表層で安定したバイトを得るのは難しく、ボトム付近でバイトが集中しているように感じます。
これがボトムに居るハゼのようなベイトを意識したからなのか、水温低下によるものなのかは定かではありません。
ただイナッコも随分沈んでいたように見えましたね。

こうなるとS字系ビッグベイトでボトムを攻めたくなるのですが、根掛かりが怖い。
そこで活躍したのが沈下速度が速く、レンジを刻み易いスイムベイト。
ワゴンセールの安いやつで十分です。
ビッグベイトタックルにこだわるアングラーとしては、ビッグベイト並みの重量を持ったこの手のルアーは扱い易くてありがたい。

スイムベイトでボトム付近を引くと良型が。

こいつも良型。

見ての通りバイトが深いケースが多発。
ソフトな素材で吸い込み易いんでしょうね。

サイズを問わず食ってきます。

とある日スイムベイトで遊んでいると大物がヒット!




このサイズもワールドシャウラで秒殺w

しかしスイムベイトの独壇場という訳でもありません。
シンキングのジョイクロも使い方次第では強力な武器に。

巻きでは殆ど釣れないのですが、フォールで流し込むとアタリ。
時には10秒近いフォールを入れて食わせる事も。
食わせるタイミングではリールを一切巻いていません。

ジョイクロの新しい使い方を発見。

普通のミノーには出せない持ち味です。

きっと流れに漂うようなアクションでフォールしてくるジョイクロが沈んだシーバスに効くのでしょう。

そうこうしているとこの日は雪で真っ白に。

フォールが効くならあのルアーもいける?
別の日はエアオグル85SLMを投入!

怪しいピンスポットへ丁寧にフォールで流し込むと連発。

フォールパターンに新たなる可能性を感じた釣行でした。

気付けば冬も終盤戦。
今後の気温と水温の変化で新しいパターンが始まるのでしょうか?
今後もベイトとシーバスの動向を要チェックです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です