活性の下がった魚はスイムベイトで攻略!!

どうも!RGFの西本です。

この記事を書いている今、外の温度計は−1℃

寒っ!

 

 

ここ最近はぐっと寒さがまして釣りには行って・・・

 

 

ません!な訳なく行ってます!笑

北風が吹こうが雪が吹雪こうが

そんなの関係ありません!

しかし、こっちのやる気があっても肝心の

しーちゃんは静まり気味。

表層、中層といつものジョイクロパターンでは、反応が得られない状況。

これは不在!?そんな事はない!

残された方法は1つ・・・

どーん!

石川氏の記事にも登場していた奴(笑)

よし!これでボトム攻めだ!

明暗に出来たブレイク沿いに投入し

しっかりボトムをとって底に当たるか当たらないかの位置を

一定のレンジをキープしながら引いてくると

ズシッと重くなる!ん?これ魚!?

魚だ!

バイトがイマイチ渋い状況でちょくちょく当たるがやはり乗らない。

中には水面に浮いてくるまで

ほとんど動かず流れてきたゴミに引っかかったのか分からないくらい(笑)

その後もズーシーっと押さえ込むようなバイトで追加フィッシュ♪

流れが効いている時よりも緩んだタイミングがキーでした。

しばらくはこのパターンで攻略したいと思います☆

 

Tackle

Rod    SHIMANO    WORLD SHAULA 1704R-2 BLUE- TYPE

Reel    SHIMANO      SCOR PION 200HG

Line    DAIWA   棚SENSOR BRIGHT +SI 3号&LEADEA 35Id

Rure   Fish Arrow   ViVid Cruise 170SW

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です