市内屈指の激ムズフィールド

お疲れ様です!

RunGun FLAVOR!の藤井です。

今回は久々にメンバーの西本君と

シーバスを狙いにいって来ました!

 

 

 

 

選んだフィールドは

和歌山市内でもトップレベルの

攻略難易度を誇る

とある漁港。

その攻略の難しさは折り紙付きで

まさに難攻不落と呼ぶに相応しい

有名なフィールドで有ります。

魚が付いているのは

主に漁港内にある生簀の周りと

作業場のライトが作り出す明暗部。

西本君とは過去2,3回ほど

調査に来ていますが

とにかくシーバスがスレているのか

頭がいいのか

チェイスやショートバイトまで

持ち込めるのですが

あと少しのところで

見切られてしまっていました。

 

小場所、スレている、明暗

とくればワームを選びがちですが

実は攻略の鍵はプラッギング。

更には5〜7センチサイズの

シンペンが有効です。

着いて一投目。

まずは西本君が生簀ギリギリにキャスト

横風がラインを大きくたわませるが

西本君はそれを逆に利用し

ラインを風に乗せ

更に生簀側へルアーを

送り込んで行く。

ベイトが風に揺られる波に乗せられ

生簀側へ流される動きを演出。

すると

いきなりのヒット!!

足元まで寄せて来るが

惜しくもフックアウト。

しかし、

サイズは70ほどある

まさかの大型魚。

この漁港では

初めて見かけるサイズでした。

ところがやはり

難易度高しの激ムズフィールド。

一投するごとに

どんどんスレて行き、

あっという間に口を使わなくなります。

色々パターンを試している中で

ルアーの浮上アクションに

反応を示すことに気がついた西本君。

シンペンをフリーフォールで

底まで落とし

巻き上げる。

時にアクションを入れ

捕食スイッチを誘発させると

見事にバイト!

 

35センチほどのセイゴクラスであるが

ナイスな攻略である。

しかもヒラと来たものだ。

次は自分もトライ。

同じようにシンペンで底を取り

巻き上げからの食わせアクションにて

ヒット!

ガツンと来る元気な当たり。

 

マルではあるがサイズアップに成功。

ルアー丸呑みで

パターンがドンピシャなのが分かる。

 

それからも追加フィッシュを狙うが

やはりスレが進み

遂にはチェイスも無くなってしまった。

人為的なタイミングと

自然のタイミングか合わなければ

釣果を出すのが本当に難しいが

そこは漁港の釣り。

時合いが来るまでは他の獲物を狙って

楽しめるので最近は漁港の釣りが楽しくなって来ている。

 

時に河川を離れ、

違った釣り方で獲物を狙ってみるのも

良いのかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です