釣りに行けないなら?

釣り具をいじれば良いじゃない!!

みなさん、お疲れ様です!RGFスタッフの瀧本です!

最近色々と忙しく、中々釣行に出られないので、今回は個人的なリールいじりを紹介してみようと思います!

 

 

今まで自分はシマノの12レアニウムCI4+ C2000Sをライトゲームで使ってきました。

が、先日釣行の際にドラグノブを誤って海に落として紛失して、ライトゲームができない日々が続いていました。

 

ドラグノブだけ注文すれば安く済むんですが、それだけじゃ面白くない!と

思い切ってリールを買いました!

 

それがこちら!

 

はい、既にバラバラですが笑

シマノ 11バイオマスターC2000HGS!(中古)

買った帰りの車の中で、信号待ちの度にハンドル回してたんですが、巻きの初動が重い!!

ってことで、家に着くなり15分後には写真の状態になりました笑

とりあえずノーマル状態がいろいろと重すぎるので、

手持ちのレアニウムとニコイチにしてみようと思います。

まず、両方のリールを分解して、各パーツの互換や違いを把握します。

実はこの頃のシマノのリールは各リールにかなりの互換性があります。

例えばローターとかでしたら、Assyごとになりますが、ポン付けでマグナムライトローターに変更できますし、

バイオマスターのメインギアは亜鉛素材のギア(銀色のギア)ですが、

レアニウム等に入っている冷間鍛造ギア(今で言う、ハガネギア。黒いギア)に変更できます。

 

ピニオンギアはほぼ同じだと思いますがセットで交換します。

これだけで、約7gの軽量化になりますし、

回転物なので、巻き心地も軽くなります。

ちなみに写真を撮り忘れましたが、バイオマスターのローターは約44g、レアニウム等のマグナムライトローターは約32gと12gの軽量化になります。

ローターの軽量化はリールの上部が軽くなり重心位置が手元に寄るので、持ち重りが減り、オススメです!

次にウォームシャフト(スプールを上下させるシャフト)の交換もしようと思いましたが、

 

よーく見ていると少し違いを発見しました。

交換すると、重量が約4g軽くなるのですが、

  切ってある溝の数が少ないのが分かりますでしょか?

バイオマスターがハイギアだからかは分かりませんが、

溝が少ないということは、スプールの上下動を早くすることができます。

いわゆる綾巻。ダイワで言うところのクロスラップになります。

ライトラインのトラブルは復旧が鬱陶しいので、多少重くなりますが、こいつはこのまま使用します。

この他には特筆して変わった物もなかったので、さらーっと組み上げた物がこちら!

 約36gの軽量化とスプールも交換したことにより、重心はさらに手元に来ています。

 

バイオマスターは金属ボディなので、マグナムライトローターを組み合わせることにより、

この頃のシマノには無かったリールに仕上がります。

金属ボディで軽量ローターの組み合わせがあるのは、ツインパワーXDか、ダイワのセルテートだけだと思います。

今となっては型遅れのリールですが、中古を安く買って、こういった改造ができるのも面白いんじゃないでしょうか?

外は暑いですしね?笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です