真夏のバスフィッシング。

どうも、お久しぶりです、

けいたです!
ずっと釣りへは行ってるものの

投稿をサボってました( 笑 )

 

 

 

 

 

季節は完全に真夏になり、

地元泉南は全く雨がなく、

どこも渇水状態なので基本的に

ダムへの釣行がメインになりつつあります。

 

ダムもメインウォーターではなく

常にある程度のカレントがある

バックウォーターメインで

水質は極めてクリアで、

そこそこメジャーなフィールドなので

釣り人も多く、ダムへの流量・放水量が

少ない日はかなり難しいんですが、

その難しさがオモロいので通ってます。

 

バックウォーターの感じは

和歌山県の合川ダムの

前の川バックウォーターや、

七川ダムのバックウォーターに似ていて

大岩のヨレがあったりするわけではなく、

基本的にはのっぺらとした

地形のバックウォーターで

水深も浅く

バスが散らばっているようなタイプの

バックウォーターです。

 

6月からよく足を運ぶようになり、

結果から言うと

ほぼ毎回50upは釣れていて
一番やばい時には短時間で50upが

6本釣れるような日もありました!

その時の状況的には、

大減水状態に少し雨が加わり、

増水傾向になったタイミングでした!

それからはすぐに

ほぼ満水に近いくらい水が増えて、

景色が一転。

バックウォーターらしい風景に代わり、

地形でゆうとほぼ川なので

川特有のハスやウグイ、

カマツカなどのベイトフィッシュも増え

釣りのバリエーションが増えました。

 

そこで特に有効になったのが

ガンクラフトのジョインテッドクロー178

のサイトフィッシングと

DRTのタイニークラッシュで

個人的には苦手意識の強かった

ビッグベイトの釣りも

少しは得意になりました笑

濁りの入った時は

タイニークラッシュの

ドンキーリグとゆうものを

ためしてみたりするといきなり

50upが釣れたり

濁った時のビッグベイトの強さには度肝を抜かれました!

とまぁこんな感じで

梅雨シーズンは楽しんでたんですが、

梅雨が明けてからとゆうものは

流量・放水量が落ち着き

水質な超ジンクリアで

バスの数も減り、

かなり難しくなりました。

そこで強くなってくるのが

サイトフィッシング。

サイト専用として使ってる

秘密のワームで50upを連打したり

自分の十八番である

コイケのサイトでも50up

このサイトフィッシングも

バスの反応のいいタイプのルアーが

日によって違い、

その日のあたりパターンを見つけるのが

楽しい!

ある日はダウンショットでの

ボトムリアクション系しか

反応がない時があったり

ある時は微妙なカレントに

ノーシンカーを流したり

ある時は虫にしか反応がなかったりと、

日によって反応がガラッと変わるのが

楽しかったりします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です