バス釣り&シーバス。週末は和歌山の野池~河川をラン&ガン!!

皆さんこんにちは。RGFのフジイです。

秋も深まってきて夜は釣りをしていても寒いぐらいですね。

さて、今回も週末はバス釣り&シーバス釣りの釣行へ行ってきました!

 

 

先日と同じ女性アングラーのRさんと若手バスアングラーのK君とまずは朝から和歌山のとある野池へバスフィッシングへ。

今回の釣行は朝からと言う事で池の奥の方まで草木を分けて進むことに。

途中、木の間から虫系のワームを垂らしてヒットさせた女性アングラーのRさん。

上がってきた魚はお約束の

 

img_8463ギリングユー!!(ギル)

 

外道でも釣れれば楽しいと言ってくれるのはうれしいものです。

 

さらに奥へ進み、ワンドになっているポイントで早々に。

今度はK君の竿にヒット!!

img_8423

今度はちゃんとバスでした!

ある程度奥地でも竿を振ったのですがこの日はとにかく風が強く

なかなか釣りにならない感じ。

おまけに向かい風だったので仕方なく池のほとりまで戻ることに。

 

風が冷たく寒い中、粘る女性アングラーRさん、

出来るだけ風の当たらない岸際のブッシュ回りへ果敢に虫ルアーをキャストしていると

水面ギリギリでバイト!!

すかさず合わせを入れ、慎重に寄せてくる。

その姿はすでに素人卒業している立派な女性アングラーですw

堂々サイズのナイスバスをGETされました!!

img_8461

すばらしいです!!おめでとう!!

「風もあるし、時期的に虫ルアーは微妙違いますか?」とアドバイスした僕は完全読み間違いw

虫ルアーで粘ったRさんの読み勝ちでした!!

この日はこれで満足したようで寒さに耐えれず納竿としました。

 

 

そして翌日。

 

今度は僕も楽しみたかったので、僕が大好きな巻物ができそうな野池へ。

ですがこの野池、アングラーが多すぎてビックリしました!

サクっとだけ投げて出なければシーバスに切り替えようと決め

レイドジャパンのレベルクランクを沖へフルキャスト!

早巻きで出そうな感じがしたので、着水後はすぐにハンドルを回しま

す!

10メートルほど早めに巻いたところで、ドンっと良いバイト!

寄せてくるけど、以降はあまり引かず、

上げてみるとお約束の

img_8445

小林くん(子バス)

当たりはよかったのにな~。

まあ釣れて何より。

それにしてもどんどんやってくるアングラー。

日曜日ってことも相まって、人気の野池のようです。

なんか投げれる場所も少なくなってきたので早々に切り上げて

夜のシーバス釣りへシフト。

装備をシーバス仕様に変え、一気に和歌山市内の河川へ大移動!!

秋は日暮れも早く、ポイントに着く頃には辺りは真っ暗になっていました。

ちょうど下げの潮が効きだす良い時間。

橋脚明暗がらみのポイントへinします。

潮止まりからちょうど下げが効き始め、水面が下流へ滑り始めると同時にキャスト。

今回は簡単な図を作ったので少し解説。

%e5%9b%b3

 

シーバスが身を潜めているのが下流側の明暗。

手前の明暗にも着いている時があるんですが、デカイのがいるのはやっぱり奥(下流側)の濃い明暗。

下げの潮に合わせておなじみのガンクラフトのジョイクロを流していきます。

2,3投しますがなかなかアプローチが難しい。

赤線のラインでキャストし、2番目の橋脚際を下流側の明暗へ送り込んでいくのが理想ですが、下げ潮でラインが緑線のように流されていき

手前の橋脚にぶち当たっちゃうんです・・・

ラインのメンディングが肝になるポイントです。

何投かしてジャスト位置へ着水。

激流の下げにジョイクロを乗せて奥(下流側)の明暗に流し込みます!

手前の橋脚にラインが擦れる限界のタイミングで明暗に入り込んだので

すかさずワンジャーク!!

すると待ってたかのようにガツン!と強烈バイト!!

一気に橋脚から引き剥がします!!

ゴリゴリ巻いてきてランディング!!

img_8457

来ました!!

サイズは70㎝でしたが満足のいく一本になりました!

夜はめっきり冷え切って寒いので皆さんも体調には気を付けて

秋の釣りを楽しんでください。

 

img_8465

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です