大雨直後のフナパターン

 

皆さん、こんにちは!

RGFの西本です。

 

 

いよいよ梅雨も本番を迎え、大雨の降る日が多くなりましたね!

そんな中、今回は大雨直後の小規模河川へ行って来ました!!

前日から降り続いた雨の影響で水は泥濁り状態。

o0671060213680068991
こんな状況では、中々シーバスにルアーを見つけてもらえないので、インレット付近等、シーバスがステイしやすい場所をこちらから探し、探っていくことに。

開始早々9cmミノーにヒットするが、エラ洗いで、バラシてしまう。

少し時間を空けて、再度同じコースを引くと・・・

o0800060013680069004

ガッンとかわいいサイズがヒット♪

o0800060013680069010

その後も同じコースで一本追加したところで、潮位が下がってきたため、下流へ移動。

満潮時は、水が多くインレットがあっても潮位の関係で隠れてしまっていることが多く、下げのタイミングで確認すると、良くなっていることがある。

インレット壁打ちにて。

 

o0800060013680069026

ここでは、この一本で終了。

ここから再び、上流域へと登りなおすことに。

朝イチとは違い、浅い所は潮が引き瀬が見えている状況。

朝イチは、ボトム付近で反応が良かったので、潮位が下がり、ボトムとルアーの距離が近くなるのは最高のチャンスだった。

今回、確認していたベイトはフナ。

おそらくボトム付近を泳ぎ回っている奴を
補食しているだろうと、S字系のビッグベイトをチョイス。

川の中で、流れが底から沸き出ている場所は障害物がある証拠。

一投目、シーバスの着いているであろうコースをイメージしながら、巻いてくる。

2投目、今度は、シーバスの着いているであろう場所で、平打ちを入れる。

ドン・・・・

ルアーが何かに吸い込まれるような強い衝撃と共に、リールを巻く手が止まった。

そして、ズンズンと重いストローク。

この手応えで奴だと確信した。

ドバババババッ!!水深が浅いため、暴れまくるシーバス。

ルアーがビッグベイトだったため、エラ洗いで飛ばされないように慎重に慎重に、寄せては出されの繰り返し。

そして、無事ネットINしたのは、惜しくも90cmには5cm足らずの85cm!!

o0800060013680069030
o0671037913680069036

地形変化を探り、引き出した一本だったので、とても嬉しい魚となった。

その後も、同じようなパターンで。

o0671037313680082693

o0671037313680069052

やはり、フナを補食しているのか、丸型、体高のあるルアーに反応が良かった。

しかし、これで終わりではなかった。

このポイントで釣れたならあそこはと、ふと思い付いた今までやったことが無かったポイント。

見るからに、良い流れ。濁り。障害物。

ここならば、きっと釣れる!と確信したコースへルアーを送り込む。

しかし、狙っていたコースでは、バイトせず、だめかぁ~と思い、リールを巻く手は、回収へ向かっていた。

その時、パコンッ!!と、かん高い音が辺りに響き渡ると共にロッドが絞り込まれる。

見た感じでは、そこまで大きくはないが、周りは障害物だらけで糸を出すわけにもいかず、強引に岸へずりあげる。

ランディングしに側へ向かうと、いや、結構デカイ(笑)

まさかとは思ったが、ギリギリあった(笑)

o0800045013680069064

o0671037313680069069

1日にこのサイズがデイゲームで狙って釣れたら本当に最高ですよね!

ありがとう!シーバス!!

Tackle

ゼナック Special Operations Peculiar Modification

SOPMOD PA 80

DAIWA タトゥーラHD カスタム

DAIWA 棚センサーブライト3号+リーダー25Id

SHIMANO サイレントアサシン99F  グリキンOB

エバーグリーン Sフラット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です