キャッチ!!

皆さんこんにちは。RGFの藤井です。

今回は市内河川です。

まず初めは水門回りの明暗部から。

明暗の堺でボイルが多発しています。

一通りのレンジを探りますが答えにたどり着けず・・・

このポイントを後に。

小場所なために数投でプレッシャーがかかりすぐにボイルは収まってしまいました。

こういう場所はジャストなレンジを一発でトレースすることが肝心ですね。

そのためのルアーチョイス。

ここにセンスがいるんですね・・

今回はそのセンスを持ち合わせていなかったようです。

 

場所を移動します。

 

次のポイントは大きな建物から光が河川に降り注ぎ

手前の岸際にくっきり明暗ができる大場所。

あえて流心を狙わず岸際の明暗をねちこくマリブで流します。

ポイントは巻きすぎないこと。

すると

 

P1000916

ズドンと!!

P1000915

ある意味狙い通り。

相方の言う、ここなら釣れるであろうというアングラー的直感。

ホンマにいましたw

その後はボイルもなく辺りも静まり返り、寒さも増してきたため納竿としました。

 

 

おまけ。

 

今回はシステムを一工夫。

リーダーは普段ナイロンラインを使うことが多いのですが今回、

というか、最近の状況を考え、微細な当たりを確実に取るため、あえてリーダーを貫通性の高いPE(69lb)にしました。

直結(1.2号)でも良かったんですが、さすがにラインブレイクのことを考えて。太めの号数です。

 

P1000917

 

現在のシーバス捕獲量        22本

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です