マイクロベイトパターンとアフターシーバス

どうも。Run&Gun FLAVOR! の西本です。

 

 

ここで文書を書くのは今回初ですね(笑)

皆さんどうか今後とも宜しくお願い致します。

 

だんだんとマイクロベイトパターンが本格的に始まりだした和歌山市内。

この日は 市内の河川にお昼前からIN

下げのタイミングを狙い マイクロベイトに

着いている 個体を探しランガン。

下げが かなり効いているが なかなかシーバスからの反応はなく

ベイトも ルアーを巻いていると1~2cm ほどのハクがピチャピャと水面を跳ねるだけで

それにシーバスが着いているようでもない。

数時間 上流から下流をランガンしたが全くなので

他の河川へ移動。

ここは 先程とは違い チヌやボラが沢山いて魚影がとても濃い。

ここなら可能性がありそうだ。

シーバスらしきボイルが3発流心で出た。

だがこのポイント、日中は 水質がクリアで

釣りにならないため シーバスの着きそうな場所をいったん把握し

ナイトゲームへ。

しかし状況は 思っていたほど良くはない。

ここは海の水が市内を流れ、また海へ流れ出る水路。

川のような流れが発生しないため ベイトが

そこらじゅうに散らばっており、 セイゴのライズが頻繁に見られる。

時折 良いサイズのライズ音が聴こえるが

やはり食べているのはハクのようだ。

なんとか流れが出るタイミングに橋脚の明暗を狙ってセイゴをキャッチ。

o0800045013579808040

この後、少し粘るも ノーバイトで終わった。

この時 すでに夜10時を回っており、撤収モードだったが、

帰りの車の中、相方が

この時間なら 昼間やった場所が下げの流れが効き、ちょうど良い頃だと。

タックルは すでに片付けていたが

少し前まではかなり釣れていたポイントなだけにかすかな望みを掛け

もう一度タックルを組み直した。

かれこれ市内をランガン、キャストを続けて12時間。

後少しで 日付が変わろうとしていた。

居るならここだ!と自信を持ってキャストした1投目

ゴゴコン!!バシャバシャ!

と明確な当たりと暗がりに響くエラ洗いの音

ATDドラグが気持ちよく引き出される。

無事にネットIN

%e7%84%a1%e9%a1%8c

12時間の疲れは

一気に吹っ飛んだ。

上げて見ると以外と大きい。

元気なアフターを無事キャッチ!!

%e7%84%a1%e9%a1%8c

昼間は 全くシーバスの気配がなかったフィールド。

しかし相手は自然 。

いつ何が起こるかはアングラーでさえ分からない。

これがシーバスfishingの楽しさであり、アングラーを水辺へと通いたたせるのだろう。

Tackle

Rod.APIA Foojin’AD LAPAGE 85MH

Reel.DAIWA 16 CERTATE 2510PE-H

LINE.東レ SEABASS F 4  1.2号

DAIWA JUSTRON 20Id

Rure SHIMANO EXSENSE Silent Assassin 99F 80S

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です